Blog Image

時代の変化とともに、こころの病に対する認識は変化しつつあります。しかし、実際に患うご本人やともに暮らすご家族の苦しさや辛さはそう変わったりしません。どんな理屈や倫理感や常識があろうが、すべてを投げ出したいのは一度や二度ではないでしょう。
我が存在を、あるいは我が子やパートナーの存在を本当に投げ出したい、その川の渡し船に乗ってしまうその前に、ここにちょっと立ち寄ってほしいと、「先人」たちが開設したお茶屋さんです。

アルコール依存症 2021.09.10

心を無視していたら自分が失くなった

初めての職場から誰よりも速く素晴らしい成果を上げるべく、息を止め全力疾走する勢いで自己犠牲的に働いた。無理せずマイペースな周りを攻めたり燃え尽きたり仕事は続かなかった。転職を重ねる度に環境は悪くなり身も心も削れ荒んでいった。惨めさを誤魔化し限界を超えて働く為に酒を使い始めたら、瞬く間に借金は膨れ上がり仕事に穴を開け居場所は酔いの中だけになった。

唯一のプライドだった仕事を失い孤独に耐え兼ね飲みながらAAに通ったら2年弱で断酒できたが、自分を偽れないので現実はより厳しく感じられた・・・急いでる人が恐くてバスを降りれなかったり理不尽な要求や扱いにNOが言えなかったり仕事中毒と鬱(現在重症長期化)を繰返したり。生活保護を切れず、劣等感が疼きAAにも居られなくなった。

感情と向き合う病院Prg.への参加を切っ掛けにACoAに繋がったら幼少期を思い出した。遊びもスポーツも勉強も手伝いも常に怒鳴られながら。頻繁な暴力は始まると長時間続き、恐怖と痛みを切り離すしかなかった。いつも怒りに怯え自分の存在を消したかった。

自己肯定や自尊心が無いまま既に50代半ば、必死で空回りばかりの人生は虚しく悲しい。無価値感を払拭し少しでも自分に自信を持ちたい。



アルコール依存症 2020.08.10

苦しいのは最初の一年

酒と決別しなければならない事を知った時、押し潰されるような不安に襲われました。恐怖に近い感覚でした。なぜならその当時の僕にとって、酒は荒んだ心を癒してくれる一番の存在であり、生きていくために欠かせない物となってしまっていたからです。
不安と恐怖と絶望に負けて何度も何度も断酒に失敗しました。この感情が死ぬまで続くのならいっそ呑んでしまえと思う訳です。断酒できてる今なら解ります。苦しいのは最初の一年。それを過ぎればうんと楽になる。そう教えてくれたのは自助会でした。



アルコール依存症 2019.11.03

過去に照らし合わせると

酒害相談というものがある。いま正に酒の問題で大変な状況に陥っている当事者と家族からの相談を受け、治療に繋げるのが目的。無償の活動だ。
家族は疲弊している。本人は口では止めるようなことを言っていても、呑みたくて仕方ない。たちの悪い相談ほど、自分を振り返れる。なぜなら自分がたちの悪いアル中だからだ。
・・・今は酒が止まっているけど、呑んだらこうなっちゃうんだよな・・いやぁ~酷い・・俺も家族をとんでもない目に合わせちゃったよなぁ~・・
自分を振り返れるのが何よりの報酬だ。



アルコール依存症 2019.07.03

自己中な認知

呑んでいた頃、喜怒哀楽は酒の肴だった。
怒りや哀しみを押し殺すために一人自室で酒を飲む。
考えることは、
・・畜生、あんなことさえなけりゃ、今頃、俺は・・・
無数の選択肢を、決めてきたのは全部自分のくせに、誰かや何かのせいにする。
うまく行けばうまくいったで喜びや楽しさを、自分の手柄にして酒を飲む。
・・ははは、さすが俺だ、俺様だ・・・
いま考えると恥ずかしい。
うまく行かない時こそ自分の責任。うまくいっているのは沢山の人達のお陰。
僕は、そんな当り前のことさえ判らなくなっていた。



アルコール依存症 2019.03.03

減酒外来は未病対策

アルコール依存症(アル中)になると、節酒(節度を保った飲酒)はできない。僕自身、身をもって体験している。断酒している人は大概、骨身にしみて知っている。
アル中と診断されても節酒できてるよ。と思う人がいれば、自分で思っているだけ。周囲に多大な迷惑をかけていることに気が付いていないだけ。僕もそうだった。
最近、減酒外来というものがある。
飲酒欲求を減らす薬を用いて節酒させようという医療。これはあくまで健常者に対する未病対策。依存症には効かない。
絶対に間違えないでほしい。





River Side SANZトップページに戻る

back number(疾患別)