Blog Image


2019.6.14

「きょうのミモザ」と「River Side SANZ」について(再掲2019年3月1日お知らせ)

当会のHPがいろんな情報を発信しています。新しくはじまったコーナーをご紹介します。

「きょうのミモザ」

「当会のデイケア部門の『地活ミモザ』の、日々の活動の中のほんのひとコマ」をミニコミでは連載中ですが、それを皆さんにより知っていただくために、HP上でもご紹介していくことになりました。
特に「摂食障害者って、何食べてるの?!」「食べていいのか?!」「食べられるのか?!」ってことに、当事者も関係者も、はたまた、全く関係ない人も、それぞれの思惑で興味があるだろう…ということで、旧「MENUページ」として、その疑問にお答えする形で掲載しています。他にも様々な活動もご紹介しています。
「地活ミモザ利用者の食事関係のプログラム参加者は、回復率が高い(生命の危険度が明らかに減少)」という、驚異的な調査結果を叩き出した凄いプログラムを持つミモザの特集です。ぜひご覧いただきたいと思います。


「River Side SANZ」

日本語で「三途の川のほとり」の意。
「三途の川」とは、この世とあの世の境目に流れている川とされています 
「もういいか…」
心の病を長く抱えた人、そしてその家族は、誰しも必ず一度は頭をよぎることがある思いです。
そう考えた時に、一瞬だけでいいから、この川のほとりで休んで。
あなたの傍にはそう声をかけるこんな仲間がいるから。だからちょっとだけ待って。



2019.6.1

のびだより(HP版)はじめました

のびの会では年に一度、団体活動報告機関誌「のびだより」を発行しています。そのLight版として、日頃の活動をご紹介するページを開設しました。

のびの会は、家族会部門、教育・相談事業部門(相談室)、啓発・広報部門(講演会、ミニコミ発行等)、地域ネットワーク事業部門(講師派遣)、障害者自立支援部門(地域活動支援センター「ミモザ」(デイケア))の5部門で構成されています。
地域活動支援センター「ミモザ」の活動については、「きょうのミモザ」のページに掲載しています。こちらのページでは主に講師派遣、当会主催講演会、ミニコミ発行についてご紹介していきます。