〈トップページ予定表
 

<ミモザとは?>

目的 そのT・・・“居場所”として活用する

 摂食障害をはじめ心の病をもつ人たちは、様々なストレスをきっかけに、引きこもり状態になってしまうことが少なくありません。うつ状態を伴うこともあるので、生活が昼夜逆転してしまうことも多いです。摂食障害の人たちは、元来、真面目な人たちですから、何もせず家に居ることは、とても辛いことです。かといって、すぐにアルバイトができるわけでも、ましてや継続することも困難です。体型や体重・食べ物のことだけに長い時間を費やしてしまったことから、興味をもつ幅がせまく、他のことで
時間を潰すことができない…こんなことから、家の中で肩身の狭い思いをしていることも多いでしょう。また、家族と四六時中顔をつき合わせていることも中々大変です。こういった状況に合わせて、生活リズムを整え、家でも学校でも会社でもなく病院でもない…“日中通える場所”があるといいな、と私たちは考えました。

 

目的 そのU・・・“病気についての正しい知識を学ぶ場”として活用する

 摂食障害をはじめ心の病をもつ人たち(またはその家族の方々も)は、本などでよく勉強されていることが多いようです。
しかし、教科書のように書いてあることと、病気の実態にはズレがあることが少なくありません。ミモザでは、月2回、摂食
障害の臨床に詳しい心理士・スタッフによる勉強会を実施しています。本に書いていないような、より深く詳しく新しい情報を
得ることができます。そして、自分の病気のことがよくわかると、自分の今立っている現状がよく見えてきます。ミモザで他の摂食障害の仲間(自分より回復している人、自分と同じくらいの位置に立っている人、過去の自分と似た状況の人…etc)と
関わることによって、“摂食障害をもつ自分”に直面することになります。ミモザで先を歩く先輩=“回復のモデル”に出会い、
先の見えない未知で不安な未来”が実際に見えることは、回復していった先の姿が見えないとされる摂食障害の人たちに
とっては、とても安心なことです。

 

目的 そのV・・・“リハビリテーションの場”として活用する

 ミモザは、様々な病気の段階における、“実践の場”となります。食べ物の問題が大きい人たちの為に、また、症状を緩和
するリハビリテーションとして、食事会などのトレーニングプログラムが実施されています。症状が落ち着いてくると、必ず
心理的な問題に直面することになります。その為に、悩みを摂食障害者同士で話し合うEDミーティングを利用して問題に
取り組むことができます。更に、その人の病気の段階に合わせた社会参加・生産活動ができるよう、作業や会の催しの
ための各種実行委員会に参加することもできます。
  摂食障害は、思春期という早い段階から発症してしまうことが多いため、自宅と病院の往復だけになりがちで、社会経験
不足が顕著です。“人と関わる”ということ自体がリハビリで、定期的に人と関われる場所が必要なのです。対人緊張が強い摂食障害の人たちにとって、社会に出て行くステップとなる、このようなリハビリテーションの場はとても貴重です。


※地域活動支援センター ミモザ

  1998年設立の全国初の摂食障害者及び境界性パーソナリティ障害当事者のための地域作業所。
  横浜市の精神科小規模作業所の認可を受けている。症状改善と居場所の獲得、その先の社会参加、
  社会復帰促進のために、作業やミーティングを行なう。
  2011年4月、地域活動支援センターに移行。


 
〒236-0014 神奈川県横浜市金沢区寺前1丁目1-28 中村ビル3F
Email:mimoza@nobinokai.or.jp
©2009 NPO NOBINOKAI. All Rights reserved.