ホームページのびの会とは?

 ◇新理事長挨拶    久間久惠  

 

    のびの会は日本で唯一摂食障害と人格障害を中心とした女性のみの横浜市地域活動支援
   センター「ミモザ」を運営するNPO法人です。その法人の責任者となりました久間久恵です。
    私は、病気の快復には、多くの方々の温かい見守りと、専門性のある人間的なかかわりの
   両方が必要と考えております。NPO法人としては未熟ではありますが、皆様のご相談にも乗れ
   る、頼れる存在となるべく日々努力を重ねてまいりますので、ご支援ご協力を心からお願い
   申し上げます。

 

 ◇辞任挨拶    福富靜子

    平成25年6月末をもちまして理事長を辞任いたしました。丸10年大過無く任を終えましたことは会員皆様のご支援
   あってのことと、心より感謝しております。ありがとうございました。今後とものびの会への変わらぬご支援とご協力を
   お願いいたします。

 ◇NPO法人のびの会 歴史 (理念・沿革)

 

 

 

 

    

1993(平成5) 国立久里浜病院(現国立病院機構久里浜医療センタ―)にて集団精神療法の一環として摂食障害の当事者のミーティングを開始し、当事者グループ発足
1994(平成6) ・ミニコミ『覚悟せんかい!新聞』創刊
・当事者合宿開始
1996(平成8) 同病院にて障害家族会発足し、ミーティングと勉強会を開始
1998(平10) ・家族用ミニコミ『Peace!』創刊
・第一回摂食障害講演会開催。以降、『摂食障害と共に生きる』をメインテーマメインテーマに掲げた摂食障害講演会が行われるようになる
・当事者グループと家族会有志による摂食障害作業所設立準備委員会発足
・横浜市金沢区において、摂食障害作業所の自主運営を開始。『ミモザ』と命名。ミーティングの開催、自主製品の開発、製作、販売を始める。嘱託心理士による相談事業も開始。家族会も週1回、ミモザで開催されることに
2001(平成13) ・自治体より精神科小規模地域作業所としての認可を受け、全国初の摂食障害者地域作業所となる。現在地に引っ越し。
・運営母体として前身の『のびの会(摂食障害者を支える会)発足。事務局設置
2002(平成14) 同病院にてBPD(境界性パーソナリティ障害)家族会発足、ミーティング開始
2003(平成15) 相談事業部出張ミーティング開始(医療機関2箇所へ)
2006(平成18) ・第9回摂食障害講演会を大阪で開催。初の地方講演会となる
・BPD家族会が当会に合併
2007(平成19) 特定非営利活動法人(NPO)取得
2008(平成20) 京都をはじめとする地方講演会開始
2009(平成21) ・神奈川県との協働事業開始。これまでの活動に加えて、宿泊型教育事業、専門相談室設置される。現在5部門14事業を運営

 

 

 

◇NPO法人のびの会組織図   ※活動名をクリックすると、説明へとジャンプします。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NPO法人のびの会

 1992年設置の当事者のグループと、1996年開始の家族会の有志によって1998年に発足。
 2007年にNPO法人格を取得。全国初のサポートグループで5部門14事業を有する。


 摂食障害家族会「のびFamily’s」

  1996年発足の摂食障害者の家族会。心理療法士による月1回の講義とミーティングの他、
  月2回家族だけのミーティングを行っている。

      
 境界性パーソナリティ障害家族会「ダーボ港の会」

  2004年発足の全国初の境界性パーソナリティ障害者の家族会。月2回のミーティングには専門医と看護師がそれぞれ
  同席する。月1回の勉強会も行われている。


 地域活動支援センター ミモザ

  1998年設立の全国初の摂食障害者及び境界性パーソナリティ障害当事者のための地域作業所。
  横浜市の精神科小規模作業所の認可を受けている。症状改善と居場所の獲得、その先の社会参加、
  社会復帰促進のために、作業やミーティングを行なう。
  2011年4月、地域活動支援センターに移行。


 
 通所型教育事業施設(相談室)

  2009年度開始の摂食障害者及びBPD者を中心としたカウンセリング及びグループワークを実施する施設。
  神奈川県との協働事業。



 宿泊型教育事業施設

  2009年度開始。摂食障害者及びBPD者対象に、専門の管理者のもと、3ヶ月の短期入所で疾患教育プログラムを行う
  全国初の施設。神奈川県との協働事業。


 摂食障害講演会

  1998年から摂食障害専門医と回復についてのトークディスカッションを行う。会の恒例行事。


 BPD講演会(旧、家族合同夏合宿)

  人格障害の教育講演を中心に、様々なプログラムを講演会で行う。会の夏の恒例行事。


 各種ミニコミ発行

  1993年発行の当事者の投稿誌『覚悟せんかい!新聞』と、1996年発行の親子関係の話題を中心に掲載した『Peace!』の
  2種を発行している。


 PV及び教材作成

  会のPV作成を行ったり、書籍などの出版物を発行する。


 インターネット広報

  会の様々な情報を、HPをはじめとするインターネットを用いて発信する


 講師派遣事業

   全国から体験談発表やミーティング開催などの依頼を受け、当会の専門家・当事者・家族が講演に出かける。

 


〒236-0014 神奈川県横浜市金沢区寺前1丁目1-28 中村ビル3F
Email:info@nobinokai.or.jp
©2009 NPO NOBINOKAI. All Rights reserved.